JINS眼鏡の店舗の探し方はどうすればいいの?

JINS眼鏡の店舗の探し方に関してですがまずは商業施設や駅前などに店舗を構えていることがありますのでまずは駅前や商業施設を探してみるとお店が見つかることがあります。

ですが最も確実な方法としましては公式サイトに店舗情報が記載されていまして、そちらから駅名を入れて店舗を検索したり、路線図から店舗が周辺にあるかどうかを検索することが出来ます。

ホームページでは主に、JINSの店舗の場所や営業時間、行き方などが検索できますのでどうしても店舗が見つからないという場合はまずは公式のホームページから店舗の情報を確認しましょう。

どうしてもネットにアクセスできない場合ですと紙面のチラシに店頭の場所が記載されていますのでそちらをご覧になり店頭を探す方法があります。

店頭につきましてはイオンモールなどのような大型の商業施設にお店を構えていることが多く、大型の商業施設を探すことでもチラシが無くても見つかる場合はあります。



 

JINSメガネの特徴

JINSメガネの特徴ですが、まずJINSメガネはメガネレンズの世界シェアNo.1レンズメーカーのエシロールグループや、大手HOYAグループの薄型非球面レンズを標準で搭載しているメガネ用品店です。

主な主力商品は軽量な丸メガネが主力商品で、度数の無いオシャレなメガネを取り扱うメーカーとしても有名です。

メガネのフレーム開発を自社で執り行い各生産工場と直接取引することより大量発注することでフレームの価格を抑えることに成功したメーカーでもあります。

また2011年にブルーライトを軽減させることが出来るJINS PCを開発販売、2013年に慶應義塾大学医学部との共同研究により、ドライアイを緩和するメガネ、JINS MOISTUREの開発と販売を手がけたことで機能性のあるメガネを開発しているメガネメーカーでもあります。



 

JINSメガネのクーポンって何?

JINSメガネにはクーポンコードというサービスがありまして、会員になり一定の条件が満たされることで買い物をする際に割引をして貰うことが出来るクーポンがもらえます。

クーポンはオンラインショップに会員登録して誕生日を迎える方の場合ですとメガネ商品購入時に30パーセントの割引が受けられるクーポンを貰うことができます。

他にもSNS限定クーポンというものがありましてこちらもJINSのSNSをチェックした際、クーポンを配布している場合がありまして商品を購入した際にクーポンコードを打ち込むことにより割引を受けることが出来ます。

上記はオンラインクーポンが主ですが店頭クーポンもあり、イオンカード会員さま向けご優待クーポンなどで10パーセントオフになるクーポンが期間限定で配布されていたり、jinsの店頭で使用できる期間限定5パーセントオフクーポンなどもありますのでインターネットが使用できなくてもクーポン自体はあります。

唯、オンラインクーポンであれ、店頭クーポンであれ期間がありますのでネットで情報を調べるかチラシ広告を見てクーポン情報やクーポンを手に入れるなどをしてクーポンを期間内に使用しなければいけません。期間を過ぎますとクーポンはすべて無効になり使用出来なくなりますので注意が必要になります。



 

JINSメガネのレンズ交換に関して

JINSメガネのレンズ交換に関してですが、度数の無いタイプのメガネに関してはレンズの交換サービスなどを行っていませんので高官は不可能です。

またレンズの交換は交換対象のメガネ以外ではレンズは有償で両側5000円で交換をすることができます。

交換対象のメガネの場合ですと商品によってはレンズ交換対象のメガネであることと、保証書、専用レンズ交換券の3点が必要であり無い場合ですと無償での交換は出来ません。

また保障期間が過ぎた商品につきましては有償になりますのでレンズ交換券をお持ちでも有償になりますので注意が必要です。

また、修理が必要な場合のメガネについてはレンズの交換ではなく修理になりますので有償の修理になりますので注意が必要です。

無償でのレンズ交換はあくまで対応しているメガネのレンズのみでフレームの交換や修理には無料のレンズ交換券は出来ません。



 

JINS PCのブルーライトカットってどんな商品?

パソコンの液晶画面からは太陽光と同じくらいの量の紫外線が出ており、長時間見つめていると目の網膜まで紫外線が到達し目に悪い影響を及ぼします。

俗に言うブルーライトと呼ばれる人体に悪影響を及ぼす光を軽減するためには目を守る必要があります。

その目を守ることに着目して生まれた商品がJINS PCです。JINS PCはブルーライトを99,9パーセントカットするレンズを使用しており、お子様用のJINS PCの製品もあります。

これはスマートフォンやパソコンの普及がとても早く浸透した影響であり子供たちの眼の保護を考えた際、大人だけではなく子供も一緒に目を保護する必要があると言うことから子供用のJINS PCが生まれました。

現在のスマートフォンの普及を考えますと子供たちの目を保護する必要については必要性があるといえます。